さぽろぐ

  健康・ダイエット  |  その他の都道府県・海外

新規登録ログインヘルプ


インフォメーション


QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2012年03月02日

東京足立区役所前カウンセリングルーム

現在、神経症に対する自己治療法の進歩により、一定以下の神経症であればご自分で自己治療できます。東京足立区役所前カウンセリングルームでは、東京大学を中心に行われている認知行動療法のインターネットによる無料アドバイスを行っています。

自己治療をご希望でしたら、このブログから当カウンセリングルームのメールカウンセラーの中島正志(このブログのオーナー)へ、メッセージください。誠実にお答えします。

東京足立区役所前カウンセリングルームのカウンセラーは、心理学会の会員でありカウンセラー協会にも所属しています。

その心理学会のサポートの輪を広げたいと思い2007年10月、当カウンセリングルームでコミュニティ【こころの海】を開設しました。

【こころの海】の趣旨は、以下のものです。

神経症、ノイローゼの人の多くは、多くの施設でカウンセリングを受けられています。しかし現実に、自己解決されない人が多いのです。

【こころの海】の管理人は、日本一あきらめの悪いカウンセラーです。いままでに多くの施設でカウンセリングを受けられて、自己解決していない人も参加してください。日本一あきらめの悪いカウンセラーが、お困りのことが解決するまであきらめないでアドバイスします。

それと同時にこころの海は、ノイローゼの選択理論の学びの場です。 選択理論とは、「本当のノイローゼの人はいない。その人がいま不幸なんだ。人は誰でも不幸になると不安、落ち込み、強迫観念、パニックを選択する」というものです。

さらに選択理論は、「逆に、より良い選択のしかたを学習すればノイローゼは克服される。そしてより幸せになる」というものです。 こころの海は、「より良い選択のしかたを学習して、ノイローゼを克服して幸せになる」ための、ボランティア活動です。

神経症、ノイローゼの人や、お知り合いにそのような人がいらっしゃる方はご利用ください。

【こころの海】にご相談をご希望される方は、カウンセラーの中島(kind-counselor)までお問い合わせください。できるだけ多くの人たちが、幸せになれるためにお力になりたいと思います。

中島(kind-counselor)へのお問い合わせメールは、ここ(メール)をクリックしてください。リンクします。



東京足立区役所前カウンセリングルーム:東京都足立区中央本町1-12-13 
電話:03-5888-7354(NTTひかり電話)
責任者 中島正志


  


Posted by counsellor at 07:19Comments(0)カウンセリング

2012年03月02日

人生の遭難 神経症、ノイローゼの迷路

お知らせ 東日本大震災の被災者及びご家族、お知り合いに被災者のいらっしゃる方のためにボランティアによる無料の電話によるこころのカウンセリングも行っております。24時間受け付けております。ご利用ください。℡03-5888-7354です。

人の一生は、山登りのようなものです。
山に登りながら、美しい景色に出会います。さらには、足腰もきたえられます。

しかし山登りで、遭難する人はいます。同じように、人生にも遭難はあります。多くの場合それは神経症、ノイローゼの迷路によるものです。

このような神経症、ノイローゼの迷路は抜け出そう抜け出そうとすればするほど、抜け出せなくなるものです。それが神経症、ノイローゼの迷路の特徴です。

さらに、述べます。  


Posted by counsellor at 14:24Comments(0)カウンセリング

2012年03月05日

なぜ人生で遭難するのか?

人生の遭難は神経症、ノイローゼの迷路によるものがとても多いのです。
それでは、なぜ人生で遭難するのでしょうか?
多くの場合、それはその人の考え方です。

いま多くの大学の、合格発表が行われています。
当然、合格者も不合格者もいます。

多くの場合、不合格は人生の遭難に思われます。ただし正確に言えば、それはノーです。たとえ今年は不合格であっても、来年はさらに難しい大学に合格することはいくらでもあります。その人は、「失敗を将来にいかした」のです。「失敗を将来にいかした」人にとっては、不合格は人生の遭難ではありません。

このように人生の遭難は多くの場合、その人の考え方によります。
けっして出来事によって、人生で遭難するのではありません。

よって逆説的に言えば人生の遭難は多くの場合、その人の考え方により起こるがゆえに、その考え方を改善すれば、人生の遭難はしなくなります。さらには遭難しても、正しい方向に軌道修正できます。

カウンセリングとは人生で遭難した人が、正しい方向に軌道修正するためのサポートです。
それにけっして人生の遭難は、マイナスだけではありません。

人生で遭難したからこそ、軌道修正されることもあります。
もし遭難しなければ、歪んだ道を歩んでいることにすら気付かなかったのかもしれません。
このような自分なりの考えを持てれば、人生の遭難そのものがありません。

次に人生で多い「4種類の遭難」について、述べます。
  


Posted by counsellor at 09:47Comments(0)カウンセリング

2012年04月24日

人生で多い「4種類の遭難」

人生で多い「4種類の遭難」について、述べます。

それは「過去にこだわる遭難」「自分でやめたくても、やめられない遭難」「自分で決め付けて、それに苦しむ遭難」「すべてを1度に解決しようとする遭難」です。

「過去にこだわる遭難」とは過去に起きたことに、常にこだわり迷路から抜け出せない遭難です。誰でも人生に、失敗はあります。「過去にこだわる遭難」をする人は、常にその過去に戻ってしまうのです。その結果、前に進めません。

「自分でやめたくても、やめられない遭難」とは外出する時に、鍵を閉めたか心配で鍵の確認を必要以上に繰り返す人です。この場合は、鍵の確認を自分でやめたくても、やめられないのです。

「自分で決め付けて、それに苦しむ遭難」とは、「自分は不器用だからどうせうまくやれない」というように、自分で決め付けて苦しむ遭難です。最初からギブアップです。

「すべてを1度に解決しようとする遭難」とは高校生が勉強もしなければいけない、だけどクラブ活動もしないとみんなから付き合いが悪いと思われることを恐れて、身動きのできない状態です。

次にモデルにより、以上4種類の遭難の解決方法を述べます。  


Posted by counsellor at 15:08Comments(0)カウンセリング

2012年05月06日

過去にこだわる遭難

過去にこだわる遭難とは、過去にあった否定的な体験を引きずり前に進めない遭難です。

ある若い女性は過去の「一人ぼっちの体験」から、抜け出せません。
いまも常に、「一人ぼっちの体験」の中にいます。

この人の「一人ぼっちの体験」は、過去にあった否定的な体験を引きずった結果です。

さらに述べます。
  


Posted by counsellor at 17:18Comments(1)カウンセリング